BFRトレーニング(インターバル加圧)

BFRトレーニング(インターバル加圧)のストレス軽減効果

当パーソナルトレーニングジムでも根強い人気のBFRトレーニング(インターバル加圧)

BFRトレーニングとは

  1. 成長ホルモンの高分泌による美容、ダイエット効果
  2. 加齢で衰えやすい速筋繊維を軽い重さでも鍛えられる
    筋肥大効果
  3. リハビリ分野
    鎮痛作用や怪我からの早期回復

といった多くのメリットがある血流制限をした状態で実施するトレーニング法です。BFRトレーニング

最近では東京オリンピックに出場したアメリカやイスラエルのアスリートが練習に導入した事で話題となりました。
そんな魅力のあるBFRトレーニングですが、今回は少し違う視点で魅力を解説していきます

ストレス軽減効果

BFRトレーニングを行う事で成長ホルモンだけでなく
内因性オピオイドである
βエンドルフィンや
内因性カンナビノイドの
アラキドノイルグリセロールが分泌されます。
こちらの記事で解説しているオピオイドやカンナビノイドというのは内因性、いわゆる体内から分泌されるという意味のものとなります。

最新の研究では、これらの物質が分泌される事が
BFRトレーニングが痛みにも有効(鎮痛作用がある)とされる理由の1つではないかと考えられているようです。
実はBFRトレーニングに鎮痛作用がある事は以前から研究論文でも報告されていたのですが、明確な理由はまだ分かっていませんでした。
この辺りは更なる研究に期待したい所です。

そんな鎮痛作用の効果もあるβエンドルフィン、アラキドノイルグリセロールですが
高揚感や幸福感、抗不安作用といったストレスに対抗する効果も持っています。
マラソン中のランナーズ・ハイという言葉を聞いた事がある方も多いと思います。この症状もβエンドルフィンが関わっています。

長期のロックダウン等による生活環境の変化により
何となく精神的に落ち込んでいるという方は
BFRトレーニングを行う事でストレスを軽減させる効果を期待できるかもしれません。

BFRトレーニング(インターバル加圧)
運動不足だけでなく長期のロックダウンなど何かとストレスも多い現在のタイ駐在生活。
美容やダイエットだけでなくストレス対策として取り入れてみても良いかもしれませんね。

当パーソナルトレーニングでもトレーニングメニューの中にBFRトレーニングを組み込んだ指導を行っております。
入会をご希望のお客様へ無料カウンセリングを実施しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

入会キャンペーンの
お知らせ

入会キャンペーンPC
入会キャンペーン携帯

アジアハーブ パーソナルトレーニングジムは
今年で5周年を迎えました。

5周年の特別キャンペーンといたしまして
新規ご入会のお客様へ

アジアハーブアソシィエィション
スパ&マッサージ全店舗でご利用いただける

5000THB分のバウチャー
プレゼントいたします。

7月末までのお得なキャンペーンとなりますので、この機会に是非ご検討ください。

パーソナルトレーニング
入会金 10,000THB
回数 16回
時間 85分/回
料金 56,000THB
1回当たり 3,500THB
ご延長・オプション
ご延長 8回x85分 28,000THB
LINE食事指導(30日間) 4,000THB
料金に含まれるもの

・ パーソナルトレーニング費
・ 施設利用料
・ 運動用ウェア
・ タオル
・ ドリンク
・ 運動後のプロテイン

料金に含まれないもの

・ トレーニングシューズ

  • 初回は16回コースをご選択いただいております。
  • 週2回、2ヶ月が基本となりますが、週1回4ヶ月のご対応も可能ですので初回無料カウンセリング時にお知らせください。
  • ご希望のお客様には30日間、毎日のお食事をLINEでご報告いただくオプションもご用意しております。

当ジムのGoogle Map

当ジムのパーソナルトレーナー

トレーナー歴18年
トレーナー国際ライセンス保持者(NSCA-CSCS)
ゴールドジム公認パーソナルトレーナー(2011‐2017)
ミスター・ミスコンテスト審査員(2015-2016)
AsiaHerbAssociation マスタートレーナー
タイ古式マッサージ講師

NSCA-CSCS

あき 大野

あき 大野

タイで活動中のパーソナルトレーナー。 キャリア18年。カラダ作りや健康において重要な要素である運動・食事・休養。30代はこの休養について学びを深める為に来泰。半年間、ランナー地方のタイ古式マッサージ学校にて住み込みでマッサージ修行を行う。現在はアジアハーブ・マスタートレーナーとしてお客様の健康作りを日々サポートしている。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP