バンコクでの自粛生活中に筋肉を落とさないヒント

バンコクでの自粛生活中に筋肉を落とさないヒント

4月26日よりタイの首都バンコクでは全てのフィットネスクラブは閉鎖となりもうすぐ2週間になります。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回の記事では普段トレーニングを行っていた方がステイホームにて運動を中断し筋肉、筋力が低下した場合にも再開したら筋肉はすぐ戻るというお話をしました。

前回の記事はこちら

しかし筋肉の低下を防ぐには当然ですがステイホームでも自宅トレーニングを行った方が良い。

今回はわかってはいるけど自宅だとなかなか運動は出来ないという方へお勧めの方法をご紹介していきたいと思います。

実はストレッチには準備運動や疲労回復だけでなくディトレーニングによる筋委縮を防ぐ効果があるのです。これは20年前、筆者の学生時代から言われていた事ですが当時は動物実験での研究でした。

今回は人を対象にした国際武道大学の山本先生の研究(2010)をご紹介します。
この研究では事前にスクワットやレッグエクステンションといった筋力トレーニングを行い筋肉を付けてから筋力トレーニングを中止し

  • ストレッチを行った場合の脚
  • ストレッチを行わなかった場合の脚

と分けました。ディトレーニングの期間は12週間です。ストレッチについては10分×2セットとかなりの長時間です。

するとストレッチを行っていた脚の方が筋肉の減少を抑制する事が出来たのです。

この結果については研究ではIGF-1の分泌や筋肉細胞の分解を抑制するカルパインの活性化によるものではないかと考察されています。
またディトレーニング時の研究ではないのですがJournal of Strength and Conditioning Researchに掲載された研究(2012)によると

10週間のふくらはぎのストレッチプログラムでふくらはぎの筋力が向上したという結果が出ております。

この記事を書いているのが5月8日。バンコクはステイホーム期間中です。
運動不足だけど筋トレをするモチベーションが上がらないとお悩みの方は是非ストレッチだけでも行ってみて下さい。

当パーソナルトレーニングの16回コースでは目的に合わせたセルフストレッチングの方法なども指導しております。

現在は休業中ですが、ご興味がある方はお問合せフォームより無料カウンセリングをお申し込み下さい。カウンセリングの対応は営業再開後からとなります。

【入会キャンペーンのお知らせ】

バンコクにある当パーソナルトレーニングジムは今年で4周年を迎えました。

4周年の特別キャンペーンと致しまして新規ご入会のお客様へプロンポンにある人気マッサージ店アジアハーブアソシィエィション全店でご利用頂けるバウチャー5000THB分をプレゼント致します。
9月末までのお得なキャンペーンとなりますのでこの機会に是非ご検討ください。

f:id:aki-ono:20210501030315p:image

【入会金】
 10000THB
【85分×16回コース】
・30日間LINE食事指導付き
 60000THB
・30日間LINE食事指導なし
 56000THB

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA