バンコクではジムに通えない日が続いておりますが

パーソナルトレーナーが解説

4月26日よりバンコクでは当パーソナルトレーニングジムを含む全フィットネス施設が閉鎖となっております。

バンコク在住の方はしばらくジムに通えない事になっている状況ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回はトレーニングを習慣として行っている人がトレーニングを休むとどうなるのかについて解説していきます。

答えを先にお伝えします。

多くの研究データの結果を見ると筋力や筋肉量は2週間ほど休息を取ると低下する事が多いようです。
しかし長期的に見ると挽回は可能です。
2010年に行われた有名なディトレーニングの研究(ogasawara.yasuda.abe2010)をご紹介します。ちなみにディトレーニングとはトレーニングを休息する事を意味します。

この研究では男子大学生をA、Bと2つのグループに分け6ヵ月の筋力トレーニングを行いました。

  • Aグループ
    24週間(6ヵ月)継続してトレーニングを実施。
  • Bグループ
    6週間実施→3週間休み→6週間実施→3週間休み→6週間実施(合計6ヵ月)

この実験で行われた筋力トレーニングの内容はベンチプレス 10回(75%1RM)×3セットを週3回でした。
10回3セットというのは多くのパーソナルトレーニングジムやフィットネス愛好家が行うメニューですね。

ちなみにBグループはAグループと同じ6ヵ月間でも、まず6週間だけトレーニングを行い、その後は3週間トレーニングを休み、また6週間トレーニングを行うという方法でした。
この3週間休むというのは現在のバンコクにおけるジムに通えない状況と似ていますね。

さて結果はどうなったかというと、Bグループは3週間の休んでいる期間は筋力や筋肉量は低下しましたが、
24週間(6ヵ月)終了した時点ではAグループとBグループの筋力、筋肉の発達度に違いはありませんでした。

つまり3週間トレーニングを中断するBグループは一時的に筋力や筋肉量は低下しますが、その後トレーニングを再開すると、ずっと継続していたAグループに追いつく事が出来たという事です。
トレーニングでつけた筋肉はトレーニングを辞めると、徐々に低下していきます。
しかし筋肉にはマッスルメモリーと呼ばれるものがあり、また鍛え始めると元に戻るスピードがはやいと昔から言われているのですが、それが研究で証明された形になりますね。

ジムに通えないというのはトレーニング愛好家にとってはストレスですが長期的に見たら挽回出来るのであまり神経質にならなくても良いでしょう。

勿論、積極的にホームトレーニングなどを行っていればジムに行けない事による筋力や筋肉量の低下を防ぐ事も可能です。

例えば腕立て伏せは上手くやれば体重の70%くらいの負荷をかける事も可能でベンチプレス以上に体幹を鍛える効果も高いのです。また肩甲骨を開く際に必要となる前鋸筋へ刺激が強かったりと非常に優秀な上半身の筋トレ法です。

当パーソナルトレーニングジムの16回コースでは、ご自宅でのトレーニング法のアドバイスを含めたパーソナルトレーニングを指導を行っております。
先ずはご希望日をお問い合わせフォームに記入頂き、無料カウンセリング&トレーニング体験にお申し込みください。

【4周年キャンペーンのお知らせ】

多くの方にご愛顧頂き、Asia Herb PersonalTrainingは4周年を迎えました。
4周年の特別キャンペーンと致しまして新規ご入会のお客様へアジアハーブアソシィエィション全店でご利用頂けるバウチャー5000THB分をプレゼント致します。
9月末までのお得なキャンペーンとなりますのでこの機会に是非ご検討ください。

【入会金】
 10000THB
【85分×16回コース】
・30日間LINE食事指導付き
 60000THB
・30日間LINE食事指導なし
 56000THB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA