自粛太り解消 まず何から始めるか?

ここ最近、自粛太りしたという相談を受ける事が多く今回も自粛太りについて書いていきます。

何故、自粛太りしたかと言うと

摂取カロリーの増加

  • ステイホームの為ついつい食べ過ぎてしまった
  • スーパーに行く機会を減らし出前中心にしてしまったので高カロリーのものばかり食べていた

消費カロリーの減少

  • ステイホームの為歩く機会が極端に減った
  • 普段運動を行っていた人は出来なくなった

上記の影響による脂肪の増加、筋肉の減少が理由だと思います。

何とか改善しなければいけない。
まず今からでも始めるべき事は歩く事です。

数年前に8000歩以上歩く事は危険などという記事がインターネットやテレビ、雑誌などで話題になりました。
この考え方の根拠となるものは中之条研究と呼ばれトレーナーの世界でも話題に上がった有名な研究です。
簡単に説明しますと15年以上に渡り高齢者を追跡調査を行い最も病気が少なかったのが8000歩/20分だったという研究です。
(ちなみによく誤解されておりますが、この20分とは20分行うという意味ではなく8000歩の内20分は早歩きという意味です。)

「8000歩以上は危険」と発信する雑誌やインターネット記事の情報発信の仕方は個人的には賛同しませんが(インパクトはありますが)
1日の歩く歩数が8000歩以下の人が沢山いる現代において8000歩を歩く事によって重い病気が防げたという研究結果は非常に素晴らしく充分に参考になるでしょう。

運動不足に人は、まずは8000歩を目標に頑張ってみるのが良いでしょう。

上記の研究を行った先生本人の記事を読むと「肥満解消の為には8000歩以上歩く必要も出てきます」と述べられております。一般の方は肥満による健康リスクも考えた方が良いと思います。毎日まずは8000歩習慣を身につけ、慣れてきたら10000歩を目標にしたり筋トレを行う事でダイエットを加速させる事が出来ます。
当パーソナルトレーニングにご興味をお持ちの方は無料カウンセリングにお申し込みください。

アジアハーブクリニックのパーソナルトレーナーは
トレーナーライセンスの中でも最難関と言われる
NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会認定コンディショニングスペシャリスト)の資格を取得したトレーナーのみが務めております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA