糖質制限はいくら食べても良い?

糖質制限の書籍やネットの情報を読むと
糖質制限は糖質をカットしたらいくら食べても良いと書かれている事が多いのですが実際の所どうなのでしょうか?

結論から先に申し上げます。
多少カロリーを多めにとっても痩せる事は出来ますしそういった研究データもありますが、食べすぎたら太ります


 

日本人の食事バランスは総カロリーの内
炭水化物(糖質)57%
タンパク質18%
脂質25%

と言われています。

つまり普段1日2000kcal食べている人ですとその57%である1350kcalを炭水化物(糖質)で食べています。

このカロリーをカットするのが糖質制限です。(0kcalにはしません。)

タンパク質や脂質はダイエット前と同じように食べる必要があります。

ただ実はそれだけでは不十分で
糖質をカットした分カロリーが急激にダウンするので、それを補う為に糖質以外は食べる量を増やさなければなりません。

こう聞くと「ダイエットにしては思っている以上に食べられるな」というイメージが湧いてくると思います。

こういった理由や研究データをもとにカロリー制限は不用と言われています。

私は数多くの方の食事指導を行ってきて感じるのは、外食の回数や食欲にはかなり個人差があるという事です。
中にはかなり大食いの方もいらっしゃいます。

また、外食にてご飯を抜いたおかずを大量に食べた結果1日の許容される糖質量もオーバーしてしまい

糖質制限の高カロリー食
より悪い状態である
ただの高カロリーの食事になっているケースもあります。

これでは痩せる事は難しくなります。

そもそも引用される研究論文も
「厳密なカロリーコントロールをしなくても痩せられた」とか
「比較した他のダイエットと比べても多少のカロリーオーバーがあっても痩せられた」という研究結果であって

「糖質以外の食べ物を暴飲暴食して痩せられる」ダイエットの根拠になる研究データではありません。

何度もブログを通じて述べておりますがバンコクでの駐在生活はとにかく歩く機会が減る=消費カロリーは落ちています。

糖質制限しても痩せないなという方は、少し食事を見直されても良いでしょう。
当パーソナルトレーニングにご興味をお持ちの方は無料カウンセリングにお申し込みください。
アジアハーブのパーソナルトレーニング16回コースには60日間のライン食事サポートも付いております。

アジアハーブクリニックのパーソナルトレーナーは
トレーナーライセンスの中でも最難関と言われる
NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会認定コンディショニングスペシャリスト)の資格を取得したトレーナーのみが務めております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA