ビジネスマンこそ糖質制限

忙しいビジネスマン
長時間のデスクワークや車移動により運動不足
そして食事はついつい太りやすい高カロリーの物をセレクトしてしまっている・・

血糖値が急上昇しやすい食べ物を沢山食べていると肥満だけでなく糖尿病の原因にもなります。
会社の健康診断でも「血糖値が高めですね。食事に気を付けて運動をして下さい」などと
ドクターから指摘されている方も多いのではないでしょうか。

世の中には色々なダイエット法が存在しますが、
血糖値をコントロールするという意味では糖質制限は一番有効です。

血糖値を上げる食べ物は炭水化物だけです。
タンパク質と脂質は血糖値を上昇させません。

わかりやすく説明すると、ご飯やパン、麺類は血糖値を上昇させてしまいますが
肉や魚、卵、大豆、油は血糖値を上昇させません。

栄養士の方でも誤解されている方もいらっしゃいますが、
一昔前の専門書にはタンパク質、脂肪もわずかながら血糖値の上昇が起こると記載されておりました。
糖尿病になるリスクを軽減しながら
食後の空腹感も抑えられる
そういったメリットをえてダイエットを行いたい場合は糖質制限は有効といえるでしょう。
特に忙しいビジネスマンの方や経営者の方にご愛用頂いております。

糖質制限をすると仕事のパフォーマンスは落ちるか?

筆者は東京でパーソナルトレーニングを行っていた際に多くの経営者の方のダイエットを経験しましたが、
「仕事のパフォーマンスが落ちたらダイエットは一旦中断しましょう。」
とお約束頂いた上でダイエット指導をしておりました。

ほとんどの方が想像されていたイメージに反し
仕事のパフォーマンスはキープされたというフィードバックでした。

さて人間の脳はブドウ糖だけでなくケトン体も使用することが出来ます。

「インターネットには糖質だけしか使えないと書いてた。」
「有名な〇〇先生が言っていた。」

インターネット上には様々な意見がございますが
実際には身体は赤血球を除きケトン体を使用することが出来ます。

ケトン体生成の為の脂肪はしっかり摂取しながらダイエットを行い頭のパフォーマンスも維持される。
これは他のダイエットと比較し嬉しい部分です。

お客様の声の中で
あえて言うならば
「最初の内は少しキツかった。」という意見を頂く事もあり
これについては身体がケトーシスになるまではキツく感じる人もいるという事になります。

ケトーシスとはわかりやすく説明すると
脳や身体の主なエネルギー源が炭水化物ではなくケトン体になっている状態の事を言います。

未経験者の方はいかに迅速にケトーシスに持っていくかが体調管理、健康増進の鍵になります。

そして正しい糖質制限を行いながら筋力トレーニングも追加する。
筋力トレーニングはダイエットを加速したり筋肉をいつけてくれるだけでなく

  • インスリン感受性の向上・インスリン抵抗性の改善
  • 骨を強くする
  • 脳の働きを高める
  • メンタルに高影響

など良い効果が沢山あります。

効果的な糖質制限、筋力トレーニングを受けてダイエットを行いたい方は
無料カウンセリングにお申し込みください。

アジアハーブクリニックのパーソナルトレーナーは
トレーナーライセンスの中でも最難関と言われる
NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会認定コンディショニングスペシャリスト)の資格を取得したトレーナーのみが務めております。

プロンポン駅より徒歩5分 隠れ家的なパーソナルトレーニングジムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA