ダイエットを行う前に必要なこと

前回、ダイエット法について解説してきました。
今回はダイエットを行う前に行っておきたい食習慣について解説します。

全てのダイエットに共通していることは
まずはじめに「タンパク質をしっかり食べる習慣をつけること」です。

タンパク質とは肉、魚、卵、大豆、乳製品などです。

三大栄養素と呼ばれる

タンパク質
炭水化物
脂質

この3つの栄養素の中で
同じカロリーだけ食べたとしたら
1番代謝が上昇するのはタンパク質です。
三大栄養素の中で1番痩せやすい栄養素といっても良いでしょう。

筋肉だけでなく髪の毛や爪、肌などの栄養素でもあり、数年前からよく聞くようになった酵素というものもタンパク質から作られます。
その為、タンパク質を減らすというのはどのダイエット法を実施していたとしてもオススメは出来ません。
(余談ですが、口から酵素をとったとしても酵素のまま吸収される事はありません。)

なのでダイエットを始めたいと思った人は先ずは
普段の食事からタンパク質を摂るように心がけてみて下さい。その分、脂ものや米を少し減らしてみるとよいでしょう。
そうする事でダイエットにおける筋肉の維持だけでなく美容、健康にとってもよい効果が得られるでしょう。

ただタンパク質をほとんど食べて来なかった人が
食事指導を受けタンパク質を大量に食べ始めると、消化不良を起こす場合もあるので注意が必要です。

その場合は少量ずつ摂取するように慣らしていきます。
1日のタンパク質の摂取量は
最低でも体重1kg当たり1gをオススメします。
60kgでしたら60g。

フィットネスの世界では昔から筋力トレーニングが頑張る人は体重1kg当たり2gと言われてきました。
またダイエットを行うと、筋肉の減少を防ぐ為にタンパク質の必要量は増加します。

厚生労働省が定める推奨数値は
こちらになります。

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲというのは1日の活動量のレベルを表す数字です。活動量が高い人はその分、
1日で消費カロリーするも高くタンパク質の必要量も増すという事です。
タイの駐在員の方は車移動で殆ど歩かない方が多い為、Ⅰの数値を参考にすると良いでしょう。

ある程度、自分が摂るべき量がわかった所で

よくある間違いは
「私は鶏肉を100g食べているから大丈夫!」

鶏肉100gを食べたとして
そこに入っているタンパク質は肉の部位にもよりますが20g程度です。

そしてタンパク質は1日で1回だけ食べれば大丈夫というものではありませんので毎食、タンパク質が含まれた食事を摂るのが理想です。

しっかりタンパク質を食べる生活を身につける。
ダイエットに興味を持たれた方は先ずはそこから始めてみて下さい。
そこから本格的なダイエットに入るとより効果も期待出来るでしょう。

ダイエットだけでなく、栄養の正しい知識を身につけるパーソナルトレーニング

アジアハーブクリニックでは
60日間コースをご受講希望のお客様を対象に
無料カウンセリング、トレーニング体験を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA